大阪・神戸・東京を中心に費用対効果の高い格安ホームページを制作しております。

XAMPP 文字化けを直す方法

 
XAMPP v3.2.1をインストールをすると、「ステータス」と「セキュリティー」のページが文字化けを起こしています。
このままでは、何を書いているのか分からないので、直す方法を出来る限り分かり易く書きたいと思います。
 
文字化けの原因は、文字コード違いによるものなのですが、デフォルトで修正しておいて欲しいですね。
 
なお、修正するにあたり使用するテキストエディタは秀丸にします。

 

Windowsのメモ帳を利用するとBOM有りで保存してしまいますので、これから説明する方法を実施しても、セキュリティーやステータスを開くと画面が真っ白になってしまいます。

 

①ステータスの文字化け修正方法

<修正前はこんな感じ>
XAMPPステータス文字化け
 
何書いてるか分かりません、、、
 
まず、C:¥xampp¥htdocs¥xampp¥lang¥jp.php を修正します。
 
秀丸で、jp.phpを開きます。
 
そして、ファイルの中身は何も変更せずに、文字コードのみを「UTF-8」に変更して保存しましょう。
 
「名前を付けて保存」で、エンコードの種類を「UTF-8」にすればOKです。
※確認メッセージが出てきますが上書き保存してください。

UTF-8で保存
 
次に、C:¥xampp¥htdocs¥xampp¥langsettings.phpを修正します。
 
こちらは、内容を変更し、文字コードを「UTF-8」に変更して保存します。
 
「変更前」

「変更後」

以上で、「ステータス」の文字化けが直っているはずです。

ステータス

②セキュリティーの文字化け修正方法

<修正前はこんな感じ>
 
セキュリティー文字化け状態
 
ステータスの時より、すごい文字化け。
 
それでは、修正しましょう。
 
まず、C:¥xampp¥security¥htdocs¥lang¥jp.php の文字コードを、先ほどと同じ方法で「utf-8」にして上書き保存します。
そして、同ファイルで下記のものを追加します。
 
「変更前」

「変更後」

以上のように、「各国語」以外に、英語~日本語までを追加して、上書き保存します。
 
次に、C:¥xampp¥security¥htdocs¥navi.php を修正します。
こちらは、日本語へのリンクが無いので、リンクを追加します。
 
「変更前」

「変更後」

※注意
Chineseの後の<p>を<br>に変更して、japaneseの後を<p>にすること、そして、このファイルの文字コードは変更せずに保存して良い。
 
これで、セキュリティーの文字化けが直っているはず。
 
<修正後はこんな感じ>
 
セキュリティー修正後

サービス一覧