大阪・神戸・東京を中心に費用対効果の高い格安ホームページを制作しております。

WP

簡単にサイトマップが作れる方法【WordPress】

サイトマップとは、サイトのページ構成を表したものの事で、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」という2種類があります。
 
ざっくりと役割を説明すると、、、
 
・HTMLサイトマップ・・・ページ構成をHTML形式で作成し、主にユーザーに目的のページを探しやすくさせるなど、利便性を高めるためのもの
・XMLサイトマップ・・・ページ構成をXML形式で作成し、検索エンジンにページを通知するためのもの
 
ちなみにクローラー(検索エンジンの巡回ロボット)も、HTMLサイトマップを訪問しますので、この2つを作っておいた方が良いです。
 

プラグイン PS Auto Sitemap

今回は、Wordpressのプラグインを利用した、HTMLサイトマップの簡単な作り方をご紹介します。
 
まず、ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」の順にクリックし、「プラグインの検索」ウィンドウで、「PS Auto Sitemap」を入力します。
 
そして、インストールし有効化しましょう。
 
PS Auto Sitemap
 
 

固定ページを作成する

次に、固定ページを新規作成します。
 
ページタイトルとパーマリンクは任意ですが、今回は以下のようにします。
 
ページタイトル・・・サイトマップ
パーマリンク・・・・sitemap
 
そして、ページの内容に以下の記載をしてください。
 

 
 
こんな感じです。
キャプチャ
 
 
続いて、作成したページのポストIDをメモります。ポストIDは、PS Auto Sitemapの設定時に必要になります。
 
ポストIDの見方ですが、
 
固定ページ一覧から作成したサイトマップをクリックすると下記のURLが出てきます。
このURLの中にある、黄色で囲んでいる番号がポストIDです。
 
ポストID
 

PS Auto Sitemapを設定する

さきほど作成した固定ページにサイトマップを表示させる為の設定を行います。
 
ダッシュボードの「設定」の中に「Ps Auto Sitemap」が入っていますので、それをクリックします。
 
すると以下のような設定画面が出てきます。
 
キャプチャ3
 
いろいろな選択項目がありますが、まず「サイトマップを表示する記事」のところに、先ほどメモしたポストIDを入力しましょう。
※黄色の箇所です。
 
入力することで、ここでの設定が固定ページに反映されます。
 
次に、「スタイルの変更」のところで、「スタイルなし」のままだと何も表示されませんので、好きなものを選択してください。
 
以上で、サイトマップの表示が最低限完了しました。
 
あとは、お好みで各項目を設定し、理想のサイトマップに近づけてください。
 
なお、除外したいページやカテゴリの設定でIDの入力が必要ですが、このIDも上述した方法で分かります。
説明にあるように、複数ある場合は、IDとIDをカンマ区切りで入力してください。
 
 

サービス一覧